TM
head
     
湯山小学校 3年 上甲真子さん
emv
 
湯山中学校 1年 上甲真緒さん
emv
     
愛媛大学 1年 得能真思さん
emv
 
西原明子さん
emv
     
三津浜小学校 4年 渡部蒼央さん
emv
 
西中学校 2年 竹内帆夏さん
emv
     
松山工業高校 1年 杉田光聡さん
emv
 
越智理恵さん
emv


【審査員長】
松山市美術主任会顧問校長 中野公雅 先生
【審査員】
愛媛県美術教育連盟顧問 其田建一郎 先生(副員長)
愛媛県美術館学芸課長 八木誠一 先生
学校教育課美術担当指導主事 毛利美紀 先生
松山市教育委員会教育支援センター事務所長 渡部将康 様
松山市青少年育成市民会議 三役/部会長/事務局長
 
 4コマまんがのコンクールを始めて、今年度で7回目となりますが、参加御応募総数が昨年度の199点から今年度359点と、大幅に増加しました。社会のルールやマナーを考える若者が増えるということは、このコンクールの趣旨に沿うもので、好ましい傾向にあると言えます。大人の方の作品も例年通りハイレベルで、コンクールに厚みを持たせるという意味でもありがたいことでした。
さて、全体的な印象としては、表現力に優れている作品が増えていたことでした。特に高校・大学生、一般の部のレベルが高く、やはり4コマまんがというのは、描画だけでなくストーリーの構成力も要求されますから、その点での結果だと考えられます。もう一つの特徴は、世相を敏感に反映したテーマが多くありました。「インスタ映え」とか「ハロウィン」などがそれに当たります。
入賞作品は、素直で子どもらしい表現、新しい視点や斬新な着想、表現材料の新しさ、確かな構成力と表現力といったことで、特に優れていました。
この審査をして、若者たちのルールやマナーに対する関心の高まりや大人からの真摯なメッセージもあり、このコンクールの広がりと高まりを感じました。優れた作品がたくさんありますから、多くの方がこのコンクールの作品を見て関心を持っていただくと更にありがたいです。
(其田健一郎)