TM
 
歴代会長
 

 令和2年度の定期総会におきまして会長を拝命いたしました。
日頃より、松山市青少年育成市民会議の活動に対しまして、ご理解とご協力をいただいておりますことに、心より感謝を申し上げます。
 私は、公務員として勤務していた頃より、また消防局長を最後に退職してからも社会教育活動に永く携わってまいりました。
 以前は、地域で育つ子どもたち、青少年は地域のコミュニティが支え、そこはかとなく地域に帰属する意識が存在していた社会でした。 しかし、現在は社会構造の変化により、私たち大人も子ども達を取り巻く環境も大きく、また速いスピードで変化し、核家族化、少子高齢化、豊かすぎる消費生活など、生活や心身の発達に大きな影響を与えています。
 このような時代に、市民会議として、多くの地域団体、企業、行政などが垣根を越えて連携することで、多くの青少年が集団ルール、思いやり、リーダーシップなどを育み、社会性を身に着けるための一助になることが責務であると思います。 これまでも多くの行事や活動に取り組んでおりますが、変化する社会に対応し、市民会議という団体自身の運営も変化していきながら、より充実、発展させられるよう、努力をして参ります。
 今後とも、引き続きご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 

 
令和2年5月22日 
 
松山市青少年育成市民会議 会長 久保継二