TM
 
タイトル

見守りタイトル
説明文
 
  青少年の健全育成等を目的とする非営利の社会教育団体  
     
  平成28年4月1日〜翌年3月31日の間の松山市の子どもの健全育成に寄与する活動で、
次のいずれかに該当するもの
@ 新規活動で子どもたちの安心安全を確保するための活動
A 既存の活動で、新たなアイデアや取り組みが加わること等により活動が拡充または改善されるもの※次のような活動は、助成の対象外です
営利又は宗教,政治活動を目的とするもの、学校行事や公民館活動、他で活動の助成を受けている活動。年度内に,既にこの助成金を受けた団体の活動
 
     
  1団体5万円以内、かつ全事業費の1/2以内
 
     
  @ 物品・備品購入費 (※対象事業に係るもので次年度以降も使用できるもの)
A 見守り活動活性化のための研修や講演会等での講師報償費・交通費
※見守り用の帽子、ジャンパー、ポロシャツなどは対象となりますが、市民会議が推奨している
 ものに限ります
※次の経費は対象外です
印刷代・会場費・郵送費・会議費・保険料・参加者への景品類 など、次年度以降使用できないもの
 
     
   様式1〜4(市民会議のウェブサイトからダウンロードしてください)の提出書類に必要事項を記入し、必要書類を添付の上、募集期間内に松山市青少年育成市民会議に持参又は郵送してください。
※当初の助成予算が執行された時点で、募集は終了いたします。
 
  【提出書類】(提出された書類は審査員に公開します)
@ 坊っちゃん夢金庫 見守り活動応援基金 交付申請書(様式-1) 
A 団体概要書(様式-2) 
B 事業計画書(様式-3) 
C 収支予算書(様式-4) 
D 定款・会則・規約があれば、いずれか1つ 
E その他、既存の資料等で団体の活動状況がわかるもの
 
 
※申請に必要な書類は http://mbyc.jp/download/ からダウンロードできます
 
 
 
  随時、松山市青少年育成市民会議 役員、育成部会員、安心安全部会長、事務局長による審査を実施し、助成の可否、及び助成金額を決定します。
※より成果が期待できると判断されるものから採択し、その他で同等の活動内容の場合、
 助成予算内で厳正に抽選いたします。

審査基準
 
 
 ◆ 事業内容が新しい発想、独創的である 
 ◆ 事業の継続性、発展性がある
 ◆ 社会問題を解決する公益性がある 
 ◆ 団体相互の連携強化に繋がる
 ◆ その他、助成事業の目的の成果が期待できる
 
     
  審査結果は、応募のあった団体すべてに文書でお知らせします。 助成対象となった団体へは、決定した助成金額を、指定された口座へ振り込みます。
事業終了後、事業報告書(様式-5.6)、決算書(様式-7)を1ヶ月以内に提出してください。
  ※事業実績報告書最終〆切  平成28年3月25日(土)
  ※助成金の対象外使用や未執行があった場合、助成金の一部、または全額を返金して
   いただくこともあります。
 
     
  事業のちらし、ポスター、しおり、報告書などを作成する場合、当該助成を受けていることを示すマークを掲載し、事業報告書に現物を一部添付してください。  
 
 
 
※画像等は http://mbyc.jp/download/ からダウンロードできます
 
     
  〒790-0864 松山市築山町12-33 松山市青少年センター内 
松山市青少年育成市民会議 事務局 TEL 907-7826 FAX 907-7827