シンボルマーク
愛媛FC
愛媛マンダリンパイレーツ
まんが「心」携帯版


 
 本会は、子どもの育成に関係する多くの団体で構成され、家庭や学校、地域、企業、行政などの垣根を越え、「社会全体で子どもたちを守り育てる」社会の実現を理念に活動をする社会教育団体である。   
 平成29年度は、次の11項目を目標に各種事業を展開し、地域や団体等の支援や連携強化、組織体制の充実に努め、活動の発展を図るとともに、青少年の社会性の向上のために活動する。
 
  1. 情報の発信
市民会議の活動の認知度の向上を図るための、市民会議だより、事業広報物、FACEBOOKページ、市広報まつやま、WEBサイト等を活用した広報活動の拡充。青少年に特化した広報物の発信や、MNCのアプリを活用した広報活動等、創意工夫。
 
  2. 松山市青少年センター施設管理業務
松山市青少年センターの指定管理業務の円滑な運営を図るための創意工夫、利用者サービス、接遇の質の更なる向上。青少年登録団体リーダーズミーティングを通した、青少年の社会性の向上。利用者増に向けた取り組み。管理経費の倹約による照明のLED化や付帯設備の充実。
 
  3. 財政基盤の確保
賛助会員・賛助団体の周知、獲得。地域の会合や経済団体の研修会等へ訪問し、趣旨説明を行い、賛助会員、オフィシャルサポーターへの協力の働きかけ。
 
  4. 地域リーダーの育成
松山市青少年センターの利用者等、青少年登録団体と連動したボランティア募集等、青少年と地域をつなぐ活動の推進。受付システム「COCORO」の団体処遇設定機能やアラート機能を使った、施設の適正利用の啓発や社会性の向上。大学生が自ら企画し活動する団体への支援や、団体同士の連携・活性化。愛媛大学社会共創学部との連携による、地域リーダーの育成。
 
  5. 団体・地域活動の活性化
坊っちゃん夢金庫助成事業(見守り活動応援基金)の推進やイベント用品・資材バンク用具の貸出し事業による地域活動の支援。育成団体の活性化のための取り組み。
 
  6. 安心で安全なまちづくりへのアプローチ
MNCの登録者拡大等による、市内小中学校他、幼稚園、保育園等、他団体への支援、以て青少年の安心安全の確保等育成につなげる。スマートフォンアプリの機能を充実し、市民に役立つ仕組みを模索。「いってらっしゃいおかえりなさい運動」の啓発。
 
  7. 社会規範向上への取り組み
「社会のモラル・ルール・マナー」のポスター、4コマまんが等の募集事業での更なる社会規範の向上。まんが「こころ」の動画配信サービスを活用した啓発活動。
 
  8. 妊娠時からの子育て支援CSC
行政・民間の子育てに関する各種情報を必要な人にタイムリーに届ける情報配信システムの運用を拡充し、登録者拡大に向けての広報。まつやま子育てSNS「カキコミュ」の運用。
 
  9. 企画・事業への取り組み
市民大会の更なる充実。ソフト事業「まつやま子ども伝統文化大会」や「オーバーナイトハイキング」、また、コミュニティ創出事業「Eトーク・キャンプ」の開催による、青少年と地域、各構成団体との連携強化や青少年の育成活動。松山市青少年育成市民大会を愛媛県青少年育成協議会との共催により実施する。
 
  10. 松山市子どもの健全育成事業への取り組み
松山市子ども健全育成事業「土曜塾」における、保健福祉部や学校教育課との連携による包括的な支援。新朝生田教室の円滑な運営。愛媛大学社会連携推進機構との連携による、学生の確保と社会教育プログラムの実施。
 
  11. 青少年の社会性向上への取り組み
青少年センターコミュニティ創出事業「まつやま自由科大学」での授業コーディネータの育成とともに、講座の更なる充実や、参加者の社会性の向上。「Eカフェ」の外国人スタッフと連携し、青少年の国際理解や英会話力の向上、更なる活性化。
 
平成29年度 イベント等実施予定 (※変更になる場合があります)
イベント
会 場
22・23・24 イートーク・キャンプ  松山市青少年センター
10
14(土)・15(日)
オーバーナイト・ハイキング2016
 市内一円
20日(土) 松山子ども芸能文化大会  松山市青少年センター

21(日)

第12回 松山市青少年育成市民大会
(愛媛県健全育成推進大会)
 松山市青少年センター
18(金) 平成30年度 定期総会  未 定